リフォーム

壁を撤去してもいいの? リフォームで間取り変更


壁を撤去してもいいの? リフォームで間取り変更

ライフスタイルや家族構成の変化にともなって、暮らしやすい住まいの間取りは変化してくるものです。リフォームで間取りを変更する場合、今ある壁を撤去したり、あるいは新たに壁を作ったりといったことが必要になってきます。特に最近は、「リビングとダイニングの間の壁を取り払って広々としたリビングダイニングにする」など、壁を撤去するリフォームでゆったりとした空間を作りたいという方が多いようです。こうした間取り変更リフォームの注意点やポイントをご紹介します。

間取り変更のために室内の壁を撤去してもいいの?

住まいの空間を仕切る壁には、二種類あります。単純に空間を区切るために作られた「間仕切り壁」と、建物の構造を支える「耐力壁」です。

単なる間仕切り壁はなくなっても構造上問題がないため、間取り変更のために撤去することが可能です。

一方、耐力壁がなくなると建物の強度が下がってしまうため、単純に撤去というわけにはいきません。撤去するとなると構造計算や補強工事が必要となり、かなり大がかりで費用のかさむリフォームとなります。

簡単な見分け方として、壁を叩いてみるという方法があります。軽い音がする場合は撤去できる間仕切り壁である可能性が高いです。ただし、重要な配線が通っている可能性などもあるため、専門家に図面を確認してもらうなど撤去可能な壁かどうかを事前に調査しておくことをおすすめします。

壁を撤去するリフォームで注意したいこと

壁を撤去してもいいの? リフォームで間取り変更

構造上、撤去しても問題ない壁だとしても、元々あった壁がなくなることで部屋の使い勝手などに影響が生じます。
例えば、撤去する壁にコンセントや照明のスイッチ、インターフォンなどがある場合です。この場合、リフォーム後にこれらをどこに移動するかについてあらかじめ考えておく必要があります。また、インターフォンについてはマンションであれば移動しても良いかをあらかじめ管理会社に確認しておくほうが良いでしょう。
コンセントなどの位置が変われば家具の配置や生活動線にも影響が出てくるものです。壁撤去後の空間の使い方については、しっかりとイメージしてみて不都合が生じないかチェックしておきたいところです。

また、もともと壁で区切られていた2つの部屋を1つの部屋にすると、壁紙や床材などがちぐはぐになってしまうこともあります。統一感のある空間にするために、内装についても見直すことをおすすめします。

以上、壁を撤去しておこなう間取り変更リフォームの注意点やポイントをお伝えしました。リフォームで間取りを変更したいと検討している方は、しっかりとポイントを押さえておきましょう。