リフォーム

キッチン周りの収納が上がる! 吊り戸棚の種類と特徴


キッチン周りの収納が上がる! 吊り戸棚の種類と特徴

キッチンは食材や調味料、調理器具といった物に溢れやすく、出し入れも頻繁です。
キッチンでは吊戸棚が設置されるのが一般的ですが、吊戸棚を選ぶ際は収納スペースや、シンクの使い勝手など、気にしなければいけないポイントがいくつかあります。
吊戸棚が頭よりも高くなってしまうと、戸棚自体が使いにくくなり危険性が増す恐れもあります。
ここでは、キッチン周りの利便性を上げる吊戸棚についてご紹介します。

吊戸棚は高さと扉に注意

キッチンの吊戸棚は、高さが何センチのものを利用するかによって収納スペースが変化します。天井から下へ伸びる寸法のため、この長さが短いほど見た目はスッキリしますが、吊戸棚が高くなるため出し入れに踏み台が必要になります。
逆に寸法を長くした場合は収納スペースが広くなるものの、目の前の作業スペースは狭くなってしまいます。また、扉が頭の高さにくるため注意も必要です。
吊戸棚を使いやすくするためには、出し入れしやすく、自然な目線で確認できることが大切です。

扉が顔にぶつからない跳ね上げ式扉

キッチン周りの収納が上がる! 吊り戸棚の種類と特徴

吊戸棚はサイズが大きいほど収納できるものが増えて便利になります。しかし、開き戸にしてしまうと顔に扉がぶつかる恐れがあります。調理中は慌ただしいため、ついつい開きっぱなしにして冷蔵庫とコンロを行ったり来たりすることも珍しくありません。
そこでおすすめなのが跳ね上げ式扉です。扉が上に開くため、開けっぱなしでも邪魔になりません。扉を横にスライドさせる“引き戸”を選ぶのもありですが、片側を開けたら一方が閉じてしまうため、忙しいキッチンには不向きです。
さらに跳ね上げ式扉の前面をガラスにすれば、開く前にどこに何をしまっているかを確認できるため慌てて探すこともなくなります。

目の高さまで下せる吊戸棚

立った時の目の高さは、手が届きやすく使いやすい空間です。
しかし、通常の吊戸棚をその空間に持ってきてしまうと作業しにくくなります。
そこでおすすめなのが、目の高さまで棚を降ろせるタイプです。
気軽に開閉できるため、調味料やラップ、下ごしらえ用の器などをよく使うものを置いておくのがおすすめです。必要になるたびに移動したりかがんだりする必要がないためテンポよく調理できます。

自動で昇降する戸棚

スイッチを操作するだけで棚が目線の高さに降りてくる電動昇降式吊戸棚もおすすめです。
自動で戸棚が昇降するため、収納の際に食器が自分に向かって落ちてくる心配が、自分の手で上げ下げするタイプの戸棚よりも少なくなります。
また、高齢者の方や体が不自由な方がご家庭に居る場合は、この自動で開閉するタイプがおすすめです。扉の開閉作業がありませんし、高いところへ物をしまうのに踏み台に乗ることもありません。事故が起こる原因を無くすことができます。

吊戸棚は目線よりも高い位置にあるため、普段使わないものの収納場所となってしまいがちです。ですが、使い勝手の良い吊戸棚を選ぶことで、機能的なキッチンへと変えることが可能です。
吊戸棚を選ぶときは、キッチンの天井の高さや普段の動線を把握して、一番適切なものを選ぶようにしましょう。