リフォーム

住まいの風通しを良くするリフォームのポイント


住まいの風通しを良くするリフォームのポイント

現代は気密性の高い住居が増えています。すきま風などがなく断熱性に優れている点は魅力ですが、一方で換気性や風通しの良さの確保が重要な仮題とも言えるでしょう。
「なんとなく風通しが悪い」「換気がうまくいかない」と感じている場合は、リフォームで風通しを良くする方法もあります。ここでは、住まいの風通しを良くするためのリフォームのポイントをお伝えします。

ポイント1:風の入り口と出口を作る

部屋の中に風が流れるようにするためには、屋内に風が入って来るための窓と、屋外へと出ていくための窓を作るのがポイントとなります。
この2つの窓の配置も重要で、一直線に対面する配置になっているのが理想です。「垂直な位置関係にしか窓がない」「入り口もしくは出口となる窓がない」という場合には、新たに開口部を設けることでぐっと風通しが良くなるはずです。マンションでは難しいですが、一戸建ての場合は外壁のリフォームと合わせて新たな窓を作るという方法もあるでしょう。

ポイント2:部屋の中に風の道筋を作る

住まい全体で見たときに風の入り口と出口があったとしても、屋内で行き止まりになってしまったのでは、あまり風通しは良くなりません。住まいの中に心地良い風の流れが生まれるためには、風の道筋を作る必要があります。
そこで取り入れたいのが、「室内窓」です。室内窓とは間仕切り壁に取り付ける窓のことで、素材や開閉方式などさまざまな製品が作られています。上手に室内窓を作ることで、風の流れを作りやすくなります。風だけでなく光も採り入れられるので、住まいの中に開放感を生み出す効果が期待できます。
また、室内ドアを欄間付きのドアにするなどもおすすめです。

ポイント3:開口部に風通しを良くするアイテムを選ぶ

住まいの風通しを良くするリフォームのポイント

天気の良い日の在宅中などは、窓を開けっぱなしにしておくことでたくさんの風を住まいに取り入れやすくなります。開けっぱなしにしておくのに適した窓にするのも風通しを良くする方法の一つです。
引き違い窓よりも、ルーバー窓や上げ下げ窓、内倒し窓などが風量の調整がしやすく、開けっぱなしにしておきやすいことから通風に向いていると言えます。
また、玄関に玄関網戸を取り付けて、玄関を風の出入り口として利用するのも良い方法です。ただしマンションでは開口部のリフォームが制限されていることも多いため、あらかじめリフォーム可能かどうか確認しておくのが大切です。

住まいの風通しを良くすることは、結露やカビなどを防ぐためにも大切なことです。健康的に暮らせる快適な住まいにするためにも、風通しを良くする工夫を取り入れていきましょう。