リフォーム

「表替え」って? 畳のメンテナンスの時期と方法


「表替え」って? 畳のメンテナンスの時期と方法

洋室での生活が中心になってきたとはいえ、やはり和室の落ち着いた雰囲気も魅力的なものです。自宅に和室や畳スペースを設けているという方も多いでしょう。でも、子どもの頃から洋室中心の生活で育ってきたこのごろのパパママ世代にとって、畳のお手入れやメンテナンスってあまりピンと来ないものですよね。そこで、畳のメンテナンス時期の目安やどんな方法があるのかについてご紹介したいと思います。

「畳表」ってどの部分? 畳の構造について

畳は「畳床(たたみどこ)」と呼ばれる芯材と、表面を包むゴザの部分「畳表(たたみおもて)」、畳表を畳床に固定するための縁の部分「畳縁(たたみべり)」でできています。
畳表は主にいぐさを編んだものです。畳床には以前はワラを圧縮したものが用いられていましたが、近年ではポリエチレンフォームやインシュレーションボードなど軽量で耐湿性に優れた素材が用いられることが増えています。

3~5年目が目安! 畳の「裏返し」

「裏返し」と聞くと、畳自体の上面と下面をひっくり返すことのように思われるかもしれませんが、そうではありません。畳の裏返しとは、畳表の内側を外側に向けて張り直すことを言います。裏返しの際には、畳表は新品に交換せず使用しますが畳縁は新しいものに取り換えることになります。
新品の畳を使い始めて、一般的には3~5年ほど経過すると、畳表が日に焼けて変色したり、擦り切れる部分が出てきたりするものです。このような場合に裏返しをおこなうことで、新品のような畳によみがえらせることができるのです。
裏返しをした後の畳表は、新たな面についても3~5年ほど使用することができます。ただし裏面を使う方法なので当然ながら一度しかできません。表面があまり傷まないうちに裏返しをすることで畳を長持ちさせることができるでしょう。

7~8年後が目安! 畳の「表替え」

「表替え」って? 畳のメンテナンスの時期と方法

一度裏返しをして数年後に再び表面が傷んできた場合や、裏返しをせずに7~8年使い続けた畳の傷みを直す場合には、「表替え」をおこないます。表替えとは、畳表を新しいものに取り換えて張り直すことです。この場合も畳床はそのまま使用して、畳縁は新品に交換することになります。

表替えをすると畳表が新品になるため見た目が新品同様になるのはもちろん、いぐさを用いた畳表であれば新鮮な香りも楽しむことができます。

へたりや踏み心地が気になってきたら「新調」を

裏返しや表替えをおこなうことで、畳表については新品のようによみがえらせることができます。しかし、同じ畳を10年以上使用していると、次第に畳がへたってきたり、踏んだときにへこむような感覚が出てきたりすることもあります。これは芯材である畳床が傷むことで起こるため、裏返しや表替えでは対応できません。このような場合には新しい畳に交換する必要があるでしょう。

以上、畳のメンテナンスについてお伝えしました。畳の表面の汚れや傷みが気になりはじめたら、どのようなメンテナンスをおこなうべきか畳屋さんに相談してみることをおすすめします。