リフォーム

独立後の子ども部屋のリフォーム 有効活用するには?


独立後の子ども部屋のリフォーム 有効活用するには?

子どもが独立した後、子ども部屋が使わないまま放ったらかしになっているご家庭もあるのではないでしょうか。いつの間にか物置部屋になってしまうこともあるようです。そこで、子供部屋を夫婦のためのスペースとして活用するアイデアとリフォームのポイントを紹介します。

老後に備えてバリアフリーのリフォームを

子どもの独立後は、夫婦2人での生活が始まります。老後は自宅で過ごす時間も長くなります。2人の生活に向けてリフォームを行う際には、老後に備えてバリアフリーのリフォームも同時に行うと良いでしょう。手すりの設置や足元灯をつけると便利です。

リフォームで客間として活用する

子どもが帰省する際、また家族が増えた時のためにも客間としてリフォームします。布団をしまう収納スペースも設置しておくと大勢の来客にも対応できます。また、お友達やゲストが来た時にも専用の部屋として活用することができます。

趣味の部屋にする

いつかは自分の書斎や趣味の部屋を持ちたいと考えている方もいるでしょう。子どもの独立後の空いた部屋を、思い切って自分の趣味の部屋として活用します。老後は趣味の時間もしっかり取れるようになるため、ゆっくり読書できる空間や趣味の小物の収納部屋としても活用できます。
また趣味を仕事にしたいと考えている場合、リフォームしてサロンや教室として活用する人も多いようです。

リフォームで隣の部屋とつなげて広く活用する

子ども部屋と隣の部屋をつなげて広く活用してみましょう。例えばリビングの横にあった場合、リビングとつなげて1つの大きな空間にすることができます。
子どもが帰省した時にも大勢で過ごすことができる広々とした空間になります。オープン型のキッチンに変えると開放的なリビングにも。また、リビングに大きめのテレビを設置すると、ちょっとしたシアタールームに早変わりです。

老後を快適に過ごすためのプランを考えてみましょう

リフォームをする際には、老後どんな生活をしたいのか考えてからリフォーム計画を立てましょう。2階建ての家は、老後は掃除も大変だからと平屋建てにリフォームするのも1つの手です。家が広過ぎると感じる人におすすめです。
また、リフォームをせずにそのまま子ども部屋を夫婦の寝室として活用することもできます。まずは老後を快適に過ごすことを考えながらプランを練ってみることが大切です。

独立後の子ども部屋のリフォーム 有効活用するには?

子どもが独立して使わなくなった部屋は、そのままにしておくと物置になってしまうこともあります。そこで老後を快適に過ごすことを考えながらプランを練って、リフォームや活用方法を考えましょう。