リフォーム

【掃除が楽な部屋づくり】リフォームする際のコツ3選


【掃除が楽な部屋づくり】リフォームする際のコツ3選

リフォームをするなら、住み心地のいいお部屋にしたいですよね。住み心地のいいお部屋にするには、掃除のしやすさも重要になります。掃除が楽だとお部屋をいつもきれいに保てて、住み心地のいいお部屋になります。
今回は、リフォームの際に掃除が楽になる部屋作りをするためのコツを3つ紹介します。

設備や建材を掃除しやすいものにする

がんこな皮脂汚れや、ぬめぬめした排水溝など、できることなら手を付けたくないような汚れが多くあるのが水回りです。そんな水回りに、汚れが落ちやすい建材やボタンひとつで自動洗浄してくれる設備などを選ぶと、当然ながら掃除をするのが楽になります。
メーカーによって特徴は違いますが、汚れが落ちやすくなっている建材や設備が多くあるので、自分に合ったものを選びましょう。

たとえば、表面にコーティングが施された浴槽があります。ごしごしと擦らなければ落ちなかったような皮脂汚れが、シャワーで洗い流すだけで落ちるようになり、掃除が格段に楽になります。また洗剤を入れ、ボタンを押すだけで自動洗浄してくれる浴槽設備を選ぶのも掃除を楽にするコツと言えるでしょう。
もちろん風呂場以外にも、塩素系の漂白剤などにも耐えられるフローリング板、油汚れをはじいてくれるキッチン用タイルなど普段の掃除を楽にしてくれる建材や設備はたくさんあります。リフォームをする際には、掃除が大変な場所の建材や設備についても考慮すれば、あとあとの生活が楽になるのです。

収納場所を工夫して掃除へのハードルを下げる

掃除をしようと思ったときに、すぐに始められる環境を整えれば掃除へのハードルがぐっと下がります。
掃除をしたいと思っても、すぐに始められる環境がなければ億劫になりますよね。「面倒くさい」という気持ちが掃除へのハードルを上げてしまうのです。そのような事態にならないよう、掃除をしやすい環境を作ってあげる必要があります。

掃除用具もいろいろな種類があり、それらをすっきりと収納することも掃除へのハードルを下げる手段です。ただ、大きな収納スペースにすると、ごちゃごちゃといろいろなものを入れてしまい必要な道具がすぐに取り出せなくなります。そうならないために掃除用具専用の収納場所を作りましょう。コード付きの大型掃除機なら、それ専用の出し入れがしやすい収納棚を設置することがおすすめです。また、収納に扉をつければほこりが溜まりにくくなり掃除が楽になります。

キッチンにも雑巾やスポンジ、洗剤などの掃除用具をしまうための棚を作るなどしておくといいでしょう。その場合は全体をすぐに見渡せる引き出し式にすると便利です。気付いたときにさっと取り出せる位置に作りましょう。

バリアフリー化するなどして掃除しやすい部屋にする

バリアフリー化するなどして掃除しやすい部屋にする

掃除をしやすくするためには、掃除用具だけでは改善できません。バリアフリーにして段差をなくすなどして、掃除しやすい部屋にしておきましょう。
壁面収納にして置き家具をできるだけその中に設置するのも手段のひとつです。掃除前に大きな家具を移動させる手間や、家具と家具との間の隙間も減り、掃除がしやすくなります。
コード付きの掃除機を使うときのことを考えてコンセントを配置しましょう。場所を移動するたびにコンセントを抜き差しするのは面倒ですよね。また、コンセントの位置を少し高めにしておけば、抜き差しが必要になったときにも楽になります。

掃除道具を増やすだけが、掃除を楽にする近道ではありません。汚れを落としやすい建材や設備選ぶ、掃除するまでのハードルを下げる、掃除がしやすい環境を作ることが、理想のお部屋をきれいに保つコツです。以上3つのことをリフォームする際に考慮してみましょう。