リフォーム

どこを変えるべき? 和室から洋室へのリフォーム


どこを変えるべき? 和室から洋室へのリフォーム

日本人のライフスタイルが変化するにつれて、私たちの暮らしの主流は洋室になりました。

もちろん、和室には和室の良さがありますが、自宅の和室を使いづらいと感じていたり、いまいち生かしきれずに無駄なスペースになっているという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、和室を洋室として使用するためにどんなリフォームを行うと良いのかについてご紹介します。

畳からフローリングへのリフォーム

和室から洋室へのリフォームと言えば、真っ先に思い浮かぶのが畳からフローリングへのリフォームだと思います。
畳をフローリングに変更するだけでも、かなり洋室らしく使用することができると言えるでしょう。

畳の床をフローリングに変更するメリットとしては、第一にカビやダニなどが発生しにくくなる点が挙げられます。
カビやダニはアレルギー疾患の原因にもなるため、特に小さなお子様のいるご家庭などにはうれしい利点だと言えるでしょう。掃除も畳に比べて手軽に行えるため、清潔に保ちやすくなります。
また、フローリングなら家具の重みで床に跡がつく心配も少ありません。
数年に一度表替えが必要になる畳と比べ、大掛かりなメンテナンスも不要です。

一方、デメリットとしては、畳よりも音が響きやすい点や、足元が冷えやすい点などが挙げられます。
これらについては、遮音性の高いフローリング材を選ぶことや、カーペットや床暖房などを使用することで改善できるでしょう。

壁と天井を洋風にリフォーム

壁と天井を洋風にリフォーム

床をフローリングにするだけでも洋室として使用しやすくなりますが、見た目をより洋室らしい雰囲気にするには、和風の壁と天井を洋風に変更するリフォームを行います。

一般的な和室は、柱の露出した構造で砂壁や板天井などで仕上げられている場合が多いです。
これを柱が見えない構造に変更し、クロスなどで洋風にリフォームします。
部屋全体が明るい雰囲気になり、家具など洋風のインテリアが自然になじむ部屋になります。

ふすまを洋風引き戸にリフォーム

床や壁を洋風にリフォームして、洋風なインテリアに仕上げるのであれば、ふすまも和風のままではなく洋室に合うものに変更したいところです。

洋室で一般的な開き戸タイプのドアにリフォームすることもできますが、手軽にリフォームするのであれば洋風の引き戸に入れ替えるのがおすすめです。
押し入れがある場合は、こちらも同様に洋風の引き戸や折れ戸に変更するとともに、中にハンガーパイプなどを設置してクローゼットへとリフォームするケースも多いです。

以上、和室を洋室として使用するために行うリフォームのポイントをお伝えしました。
もちろん、ここでご紹介したすべてを行わなければならないというものではありません。
リフォーム後のお部屋の使用目的やご予算に合わせて必要なリフォームを行うことをおすすめします。