リフォーム

一家団欒の場所! 自然と家族が集まるリビングの間取りとは?


一家団欒の場所! 自然と家族が集まるリビングの間取りとは?

リビングは家族が集まる家の中心です。
新しく家を建てるなら、「いかに居心地のよいリビングにするか」ということがとても重要ですね。

ここでは、一家団欒するメリットと、家族が集まり過ごしやすいリビングの間取りについてご紹介します。

一家団欒するメリットは? 家族揃ったらどう過ごす?

忙しい毎日、家族が少しでも顔を合わせてコミュニケーションを取ることは、子どもの成長にとっても大切なことです。

顔を合わせている時間が長ければ、多くの言葉を交わさなくてもお互いに考えていることを感じ取れたり、様子の変化に気がつきやすくなったりします。
顔を突き合わせるとつい愚痴を言いたくなってしまうときでも、リラックスできる素敵なリビングだと小言も減って明るく過ごせるかもしれません。

リビング兼ダイニングの「お茶の間リビング」

ご飯を食べる「ダイニング とリラックスしてテレビを見て過ごす「リビング」。
この2つは分かれて使うことが一般的ですが、最近では一箇所にまとめる「お茶の間リビング」が注目されています。

リビング機能とダイニング機能を統一すると、より部屋を広く使うことができますし、昔で言う「お茶の間」のような使い方もできます。
畳のスペースに大きめのテーブルを置いて、床は堀りごたつにして座れるようにするのもも良いでしょう。
食卓としてはもちろん、ごろんと横になってリラックスもできる場所にするのです。

こうすることで、同じ場所にずっといるようになります。
「お茶の間リビング」は家族の会話が増える間取りと言えるでしょう。

また、ソファやダイニングテーブルなどの大型家具を置かずにすむので、部屋を広々と使うことができるのもメリットの1つです。

リビング階段の設置を考えてみる

リビングが1階にある場合、階段をリビングに設置することで、2階と1階を行き来する際は必ずリビングを通ることになります。
このため自然と顔を合わせる機会が増えるのです。
階段とリビングが仕切られないので、見通しがよく広々と使うことが可能です。

玄関からリビングがすべて見通せる構造にしてしまうと、玄関先の来客のときにリビングが丸見えになってしまうので注意が必要です。
L字型にしたり、目隠しになるように壁を配置したりすると良いでしょう。

リビング階段は2階までの吹き抜け構造になり冷暖房が効きにくいため、断熱機能も合わせて考える必要があります。

リビングは思い切って家族の趣味コーナーに

リビングは思い切って家族の趣味コーナーに

PCコーナーや作業スペース、趣味のコーナーを作ってそれぞれが思い思いに過ごせるリビングとして使用するのもオススメです。
趣味にそれぞれが打ち込める空間としてリビングを活用すると、自然に家族で過ごす時間が長くなります。
PCやスマホなどなるべく親の目が届く範囲でやらせておきたいものは、リビングにコーナーを作っておくと安心です。

また、本好きな子供を育てたいという場合は、壁に埋め込むタイプの大きな本棚を設置して、家族の本や子どものおもちゃなどをここに集めると効果的です。

ただ、物が増えると散らかりやすくなるので、置き場所を明確にして片付けやすいようにしておくことも大切です。

今回は、家族が集まりやすく居心地のよいリビングの間取りについて紹介しました。
家づくりはさまざまなことを組み合わせて考えていく必要があるため、何を優先させたいかを明確にすることが大切です。

家族全員がよく話し合って、納得のいくリビングの間取りプランを立てましょう。