分譲住宅

マンション or 一戸建て 子育てしやすいのはどっち?


マンション or 一戸建て 子育てしやすいのはどっち?

子どもが生まれて家族が増えると、今まで夫婦二人で暮らしていた家が手狭に感じるようになるものです。このタイミングでマイホーム購入を考えるご家庭も多いでしょう。
マイホームの選択肢として、マンションと一戸建てどちらを選ぶべきかは考えどころです。どちらにも良い点はありますが、「子育てのしやすさ」という視点で見た場合にはどちらがより利点が多いのでしょうか。一戸建てとマンションそれぞれについて、子育てするうえでのメリットを考えていきましょう。

騒音を気にせずのびのび育てやすい一戸建て

子どもが走り回ったり飛び跳ねたりする音は、階下に思いのほか大きく響きます。赤ちゃんの泣き声や、子どもがはしゃいで騒ぐ声など、小さな子どもを育てているご家庭は、何かと騒々しいものです。近隣のお宅との距離が近いマンションでは、こうした子どもの出す物音に常に気を使う必要があります。
しかし、一戸建ての場合は、普通に生活していれば子どもの足音や泣き声などがご近所の迷惑になるようなことはありません。物音を気にせずのびのびと子どもを育てられるのは、やはり一戸建ての大きなメリットだと言えるでしょう。
また、マンションに比べて収納スペースや子ども用のスペースを確保しやすいのもうれしい点です。庭があれば植物を育てたりペットを飼ったりしやすく、子どもにとって自然と触れ合う機会が増えることになります。

利便性や防犯性の高さが魅力のマンション

利便性や防犯性の高さが魅力のマンション

一戸建てと比べると子育てするうえで気をつけなければならないことが多いイメージのマンションですが、マンションでの子育てにも良い面はあります。
まずは、一般的に一戸建てよりも低価格で購入しやすいため、同じ予算でも利便性の高い立地や広い住戸に住める可能性が高くなるという点です。子連れでのお出かけや買い物などは大変なもの。駅から近く、周辺に便利な施設が多い場所で暮らせるかどうかというのは、やはり子育てのしやすさに大きく関わってくると言えます。
大型のマンションには、共用施設としてキッズルームや託児所が設けられている場合もあります。子育て世代が選ぶマンションには、同じような子育て世代が多いため、マンション内で同年代の子ども同士、またママ同士の交流が持てるのは何かと心強いものです。

最近のマンションはセキュリティ面がしっかりしていることが多いのも、子どもの安全を考えるうえでうれしいメリットです。

予算やご家庭の事情を考えて選ぶ

一戸建てとマンション、どちらにも良い面があることがお分かりいただけたと思います。どちらにより大きいメリットを感じるかは人それぞれ。また、住みたい地域によってはどちらかしか選択肢がないケースもあるかもしれません。それぞれの利点を理解したうえで、予算や住みたいエリアなどを総合的に考えて選ぶことをおすすめします。