分譲住宅

どちらを選ぶ? モルタルとサイディングのメリット、デメリット

外壁は住まいの外観を左右するだけでなく、建物を風雨から守るなどの役割も担う部分。外壁材の選び方は、建物の寿命にも関わってくるのです。

代表的な外壁材である「サイディング」と「モルタル」について、それぞれの特徴やメリット、デメリットなどを解説していきます。

モルタルとは


どちらを選ぶ? モルタルとサイディングのメリット、デメリット

モルタルはセメントと水などを混ぜて作った資材です。
これを樹脂などの素材に塗装していく方法が一般的です。

メリットとしては、コテやローラーなどを使って模様付けなどができることや、曲面や凹凸をつけやすいことなど、外壁のデザインの自由度が高くなる点が挙げられます。

デメリットは時間が経つことによってひび割れが目立つ可能性があること。
また、壁を作る際に職人が現場で作業するため、職人の技術に左右される部分も少なからずある点です。

サイディングとは

サイディングとは

サイディングは工場で作られたボード上の材料です。
材質は金属製・木材系・樹脂系などさまざま。これを外壁として貼り付けていきます。

モルタルのような塗り壁と異なり「貼っている」ため、メンテナンスしやすいのがメリットです。
また、建物を長持ちさせる「外壁通気工法」という手段を用いるメーカーがほとんどなので、通気性を高めて劣化を抑えることができます。

デメリットは、工場でまとめて作られているので、デザインが一定のものしか選べないということ。
また、凹凸をつけるような特殊な構造には対応しづらいです。
外壁に強いこだわりがない場合は気になりませんが、デザイン性の高さやオリジナリティを求める人は物足りなさを感じてしまうか

選ぶ場合の注意点

外壁の修繕に必要な素材によっては、建物の構造や予算に大きく影響する可能性もあります。
なるべく早めに設計担当者と連携を取っていくことが重要です。

またモルタル・サイディングを選ぶ際は、素材の写真が掲載されたカタログだけではなく、実際にショールームで見てみることもおすすめです。

結局、モルタルとサイディングはどちらが優れているのか?

ここまでモルタルとサイディングについて見ていきましたが、最終的にはユーザーが何を望むかで選び方は異なってきます。
デザイン性を取るならモルタル、劣化を抑えてメンテナンスを最小限にしたいのならサイディングに軍配が上がります。

もちろん、どちらとも定期的なメンテナンスは必要になりますが、ご自身の適性に合ったものを選ぶようにしましょう。
今回紹介した情報をもとに、上手に外壁の素材を選ばれてはいかがでしょうか。